スマートフォンWebサイトを作成?!気をつけることとは

段組を使用せずシンプルなデザインのものに?!

パソコンWebサイトの場合、段組というものが用いられるので、サイドバーなどを付けることがあります。そのため横方向に広がるページとなります。しかし、スマートフォンの場合、画面が縦長で、縦向きに使われることが多いため、サイトも縦長に作ることで、見やすくなります。段組みを使用してしまうと、スマートフォンを縦横にスクロールしなければ閲覧できなくなってしまいますし、画面の拡大縮小もしなければ行けなくなります。段組みを使わずに、シンプルなデザインにすることで、見やすいサイトになるでしょう。

インターフェイスにして指で操作しやすく?!

パソコンの場合は、マウスクリックなのでリンク先へのタップを簡単に行うことができます。しかし、スマートフォンの場合は、指でタップすることになるので、リンク先が小さかったり、隣との幅が狭いと、タップしにくく間違えて押してしまうこともあります。リンクを大きめに設定したり、リンクとリンクと幅を多めにとることで、解消されるため、作成時に気をつけるようにしましょう。また、入力を求める場合も、入力しやすいように、入力スペースや文字の大きさ設定を、大きめにしましょう。

画像のサイズに気をつけよう?!

スマートフォン用のブラウザの場合、横幅が320px~420pxの狭い場所に、ページが表示されます。しかし、新しい機種のスマートフォンの中には、高精細なディスプレイが使用されていることが多いでしょう。すると、320pxの場合であっても、640ドットを超えるドット数で画像が表示されることが多いのです。そうなってしまうと、画像がぼやけているように写ってしまうことがあるので、画像の大きさはスマートフォンに対応できるように調製しましょう。

スマホサイト制作のコツをつかむには、様々なタイプの通信端末の機能性や活用術をマスターすることがとても効果的です。