スマートフォンWebサイトを作るときに見落としがちなポイント

スマホ向けとPC向けのWebサイトは作り方が違う

スマートフォンとPCでは、たとえ使っているブラウザが同じでも画面の解像度が全然違うので、Webサイトを作るときには解像度を意識して作る必要があります。例えば大きな解像度のPC向けには文字の数を多くしても問題ないですが、解像度が小さいスマートフォンで見るWebサイトの場合には文字の数を少なくして、その代わりに画像をたくさん使うなどの工夫が必要になるといった具合です。要するに、目に飛び込む情報量の多いか少ないかを見極めるのが大切ということです。

何度も来たくなる工夫が必要

スマートフォンで同じWebサイトに何度も足を運んでもらおうとするなら、来るたびに何か違うものが見られるといった、ユーザが嬉しくなる工夫が必要です。たとえば毎日の占いとか日替わりの短いコラムでも構いません。短い時間でも楽しめる何かが毎日必ずあるというだけで、そのWebサイトに訪れるのが習慣のようになってくれるのです。狙う客層が女なのか若者なのか、そういったターゲットのニーズに合わせて工夫をすることが大切です。

シンプルで全部見るのに時間のかからないほうが良い

スマートフォンでWebサイトを見るのに、いちいち細かいところまでリンクを飛んで全部見ようとするユーザはほとんどいません。ページ数はできるだけ少なくしてシンプルな構成のWebサイトにすることで、ユーザが全部見るのにあまり時間をかけさせないようにすることが必要です。そのシンプルな構成の中に情報をうまく詰め込んでユーザに与えるようにするのです。リンクの深い階層まで見るようなユーザはPC向けのWebサイトにしかいないのです。

スマートフォンサイト制作のテクニックを習得するために、プロのエンジニアなどと交渉をすることで、理想的なツールを完成させることができます。