誹謗中傷対策としてやれることについてのこと

意外と身近になりつつあります

誹謗中傷というのが意外と身近になっています。これはさすがに注意したほうが良いでしょう。個人でもそうではあるのですが、どうしても企業によっては確実にデメリットが大きくなってしまうことになりますから、これは覚悟しておいたほうが良いでしょう。つまりは、対処をするためのマニュアルなどを作っていたり、或いは社員に行動を徹底させる、と言うことをさせたほうがよいのです。そうすればそもそも拡散することが防げることになります。

法律的に対処すること

弁護士を介在させて、後は法律的に対処する、ということができます。掲示板であろうとSNSであろうと元がわかっているのであれば辿ろうと思えば辿れる可能性が高いのです。但し、費用対効果的によいのか、ということになりますが、これははっきりいってよくないでしょう。場合によっては別に企業側が悪いわけではないのですが、こちらのほうがイメージ的に悪くなってしまう、ということがあるのです。それだけは避けるべきでしょう。

ではどうすれば成功であるのか

まず、一つの考え方として無視をする、というのがあります。炎上をしている、ということがありますが、面白おかしくやっているだけであり、実はそこまで深刻に社会的な意識をもって煽っている人は少ないのです。ですから、無視をしたり、或いは警告文として法的な措置をとる、ということをアピールするだけでも相当に抑え込む、鎮火させることができるようになる可能性があります。それをよく理解しておき、その状況に合わせて対処しましょう。

誹謗中傷対策は企業において、今後より一層求められるリスクマネジメント対策です。誹謗中傷はSNSなどで拡散するスピードが非常に早く、自社のみで対応するのは難しいので専門業者への依頼が効果的です。