トロフィーは自室に飾れるようなデザインがいい

象徴的なデザインは盛り上がるが

トロフィーは、受賞の趣旨をふまえたデザインだと、授賞式で盛り上がりますが、象徴的であるあまり個性的すぎて、ちょっと漫画チックな感じになると、その後の扱いに困ることがあります。自分としてはできれば自室に飾っておきたいところなのですが、ユニーク過ぎると物陰に置いておきたくなったりします。もっとスッキリしたデザインだったらなあ、なんて思うこともあります。まあ、トロフィーというのは、授賞式を盛り上げるためにあるようなものですが。

好きなのはシルバー系

金色とか赤とか、目立つ色はちょっと苦手ですね。それこそ授賞式で盛り上がる色ではあるんですけど。自室がシックな色調なので、できればシルバー系がいいです。真っ赤なリボンも必要ないですかね。デザイン自体が美しいって感じのがいいですね。鋭角的で、彫刻のようなのが造形的に美しいと思うのですが。でも、それじゃあ授賞式は盛り上がりませんよね。でも子供のおもちゃの延長のようなトロフィーだと、持って帰ったあと、扱いに困ってしまって。

自分なら飾りがいのあるのを選ぶ

自分がトロフィーを選ぶ側だとしたら、ずっと自宅内に飾っておきたくなるような、インテリアに溶け込むタイプのを選ぶでしょうね。奇抜でセンセーショナルでっていうのは、もらった方も困るだろうなって気がするんで。でも、面白おかしい形のほうが盛り上がるからって、そういう方を選ぶ人も多いんですよね。価値観の違いでしょう。毎年受賞者に受け継がれていくトロフィーなら、オーソドックスなのをって意見しますけど、一回限りのなら流れに任せます。

トロフィーとは、大会などの試合で優勝者が手に入れることのできるもので、カップ状の物や一本の柱が本体となっているものなどがあります。