ビットコインの良いところは一体どこにあるのか

仮想通貨のことなのです

ビットコインというのは、あくまで仮想通貨になります。ですから、そんなに価値担保がされていない、という側面があります。それでも十分に価値が守られている、ということでもあります。これは偽造、或いは勝手に発行ができない、ということがあるからです。ですから、実は資産価値の保存という意味においてはかなりお勧め出来る要素があります。一時期のように急騰することはなくなりましたが、それがむしろ、安定しているともいえるのです。

ビットと言うのは何か

そもそもビットコインのビットというのは何なのか、といいますとコンピュータの最小単位になります。データの最小単位であり、二進数によって現されています。これを活用して通貨のように利用できるデータを作ろう、というのがビットコインなのです。有名になったときにはどうしても通貨としての側面よりもは投機性が強く世間に知られてしまったわけですが、それだけでなくキチンと通貨として使えるように徐々に前に進んでいるのです。

これからのビットコインとは

これから普及する為には何処で決済に使えるのか、ということになります。これがビットコインが普及するかどうかに影響があるといえます。途轍もなく重要な要素になりますから、設計思想と合致する点ではありますがとにかく国際的に通じる通貨になるためのハードルであるといえます。これから求められていくことは、どこで使えるのか、という一点になるでしょう。偽造対策はされていますし、それはよいのですが決済手段として使えないのであれば意味がないのです。

ビットコインでは、利用者の誰もがネットを介してインストールするだけで元帳を手にすることが可能です。つまり銀行など従来の金融システムに必要不可欠な管理者が存在しません。