Web制作を行うための基礎知識!プログラミングでは無いその内容とは?

興奮系と抑制系について

人の神経には、興奮させる神経と抑制させる神経がありますよね。私達が、物事を見ている場合、どちらかの神経が優位に働いている事もよくありますよ。そのため、Web制作を行う場合は、興奮系のWeb制作か抑制系のWeb制作か決める事がポイントです。両方取り入れる方法もありますが、神経はどちらかに傾きやすい傾向があるため、優先的な傾向について押さえておく事も大切ですよね。興奮系と抑制系の心理状態に対しては、Web制作のみならずあらゆる場所で考えられています。そのため、様々な場所に足を運び、どの様な心理的な作用を与えるデザインなのかの資料を集めるのもお勧めです。

優先順位に対する差別化

同じ大きさの画像を二つ並べた場合、同じ様な画像だと思われる事もありますよね。片方を大きくすれば、大きい方は価値の高い画像だと思われる事もあります。見出しは本文よりも大きな文字を扱う事が一般的であり、本文よりも重要な内容が記載されているからです。Web制作を行う場合は、優先順位に対する差別化を行う事が大切ですよ。例えば、あるカレー専門店のショップ名を記載する場合、カレー専門店における文字を大きく扱うのと、ショップ名を大きく扱うのとでは効果に違いが現れて来ますよね。バランス良く両方のタイプを取り入れる方法もありますが、様々な事に対して優先順位に対する差別化を行う事も大切です。

ターゲットに対する明確化

Web制作を行う目的の多くは、多くの人にアクセスをしてもらい利益を高める事が挙げられますよね。そのため、不特定多数の多くの方に良い印象を持ってもらいたいと思ってしまう事もよくある話しです。不特定多数の方が好む内容とは、全てを足して全てで割った様な平均値になりかねません。特徴の無いWebサイトは、魅力的とは言いがたいですよね。そのため、ターゲットに対して明確化を行い、ターゲットが最も好みやすい様なWeb制作を行う事が大切です。ターゲットと自身の価値観には違いが現れる事もありますよね。しっかりとリサーチをしてからWeb制作を行う事もポイントですよ。

web制作の仕組みを理解することで、それぞれの目的に合わせて、見栄えの良いホームページを目指すことが可能です。