インターネットを通して誹謗中傷された場合の効果的対策法とは

インターネットを通しての中傷の原因とは

いまではビッグネームなどの著名人でなくても、インターネット上には中傷が溢れでており、中傷をされた人が傷付いている案件も少なくありません。そこに至るまで被害者を追いながら、どうして過剰な攻撃を終わらせないのかについてですが、それはインターネットならではの匿名の存在があるからといえます。中傷を行なっている人物の大部分が匿名を利用し、こうした匿名性が気づかれないあるいはトラブルになっても特定されないという感覚を生み出しています。

ウェブサイトの運営者に苦情をいれましょう

現実の上でインターネットを通して中傷の被害を受けた場合まず第一の手段として、その運営者に確認して中傷を消してもらう手段があります。いまでは誹謗中傷が社会的な問題とされているところは公然の事実ですから、ウェブサイトの運営している人もスピーディーに応じて名前を出さずに攻撃している人間に連絡をして止めるよう告げ知らせてくれるでしょう。たいてい1週間で消去される可能性が高いのですが、しかしながら、ようやく削除してもふたたび書き込みを繰り返す人物はいます。

ネット上で相手方を明らかにすることは効果的です

中傷が続く場合、匿名であるから攻撃している可能性が高いので、その匿名を取り除くことが中傷をストップさせる効き目のある方法といえます。現実的にいいますと、発信者情報開示請求を取得し、運営ウェブサイトに対してIPアドレスを開示して、ブロバイダに必要な情報を開示して貰いましょう。ただしこうした手続きは短期間でも6ヵ月はかかり、裁判のための手続きも要りますが、開示請求の道半ばにして当人に対して照会されることから、そのタイミングでストップする人がかなりいます。

2ちゃんねる削除の依頼方法を理解するには、法律上の知識や経験が必要となるため、実績のある法律事務所にお願いすることが有効です。